HOME |インベスコ・アセット・マネジメント、国内公募投信で初のグリーンボンドファンドを設定。投資適格以上の信用格付と、同社独自のESGスコアリング等から銘柄選出(RIEF) |
iNVESCO001キャプチャ

 

 独立系資産運用会社のインベスコ・アセット・マネジメントは15日、グローバル市場で発行されているグリーンボンドを投資対象とする「グリーンボンドファンド」を設定、運用を開始した。グリーンボンドを主要投資対象とする国内公募投信の設定は初めてとなる。

 

 売り出したのは「インベスコ世界グリーンボンド・ファンド<為替ヘッジなし>/<為替ヘッジあり>」。追加型の投信で、世界各地で発行されるグリーンボンド(約740銘柄)の中から、原則として取得時にBBBの投資適格以上の信用格付を得ているボンドを投資対象とする。

 

 さらに同社独自の格付を利用したクレジット分析(信用力調査)、独自スコアリングによるESG分析、12段階評価による流動性分析等によって「徹底的に銘……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム