HOME |EU-ETS(欧州排出権取引制度)のクレジット(EUA)価格、70ユーロ台乗せ。24日は過去最高値の73.020ユーロに。天然ガス価格上昇で石炭シフトによる短期的要因が市場を牽引(RIEF) |
EUA00333キャプチャ

 

  EUの排出権取引制度(EU-ETS)のクレジット価格(EUA)が今週に入って、1トン当たり過去最高値の70ユーロ台で推移している。年初来では倍以上の上昇となる。冬の燃料需要が高まる中で、天然ガス価格の上昇の影響で、価格の安い石炭需要が増大、CO2排出増をカバーするためクレジットへの需要が増大していることが大きい。24日には12月物が73.020ユーロまで上昇している。

 

 ICEのEUA先物価格(21年12月物)は今年初めは30ユーロ台前半で推移していた。その後、右肩上がりで推移し、5月に50ユーロ台に乗せた。その後夏場は50~60ユーロ台での変動を繰り返していたが、10月末からの国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)に向けて再び上昇基調となり、COP後、70ユーロ台に……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム