HOME |米ウォルマート、サプライチェーンの温室効果ガス排出削減で、HSBCやCDPと連携の「ファイナンススキーム」。サプライヤー企業の目標設定・情報開示を促しスコープ3削減目指す(RIEF) |
Walmartキャプチャ

 

  世界最大の小売業である米ウォルマートは、サプライチェーンのCO2排出を削減し、温室効果ガス排出量のスコープ3の削減を促す「サプライチェーン・ファイナンス・スキーム」を立ち上げた。スキームはサプライチェーン企業の排出削減対策支援を気候NPOのCDPが、対策に必要な資金面を英銀HSBCがそれぞれ担当することで、CO2削減に前向きなサプライチェーン企業の取り組みの底上げの推進を目指す。同社では「サプライチェーンに対する気候対策ファイナンススキームを企業自らが提供するのは、グローバル・ファーストの取り組み」と指摘している。

 

 ウォルマートはすでに2017年4月から「プロジェクト・ギガトン(Project Gigaton)」と銘打ったイニシアティブを推進している。バリューチェーンの上流、下流両……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム