HOME |今年(2021年)のグリーンボンド等のESG債のグローバル発行額、前年比57%増の1兆㌦。半分はグリーンボンド。SLBは前年比10倍増。22年も50%増の予想。英機関推計(RIEF) |
ESG003キャプチャ

 

 2021年中のグリーンボンドやソーシャルボンド等のESG債のグローバル発行額がほぼ1兆㌦(約114兆円:12月17日時点)で前年比約57%増と大きく伸びた。発行分の半分はグリーンボンドで5010億㌦。種別の伸び率では、サステナビリティ・リンク・ボンド(SLB)が 前年比約10倍増と大きく伸びた。市場では2022年も増加基調は変わらず、今年と同率の50%増の1兆5000億㌦前後になるとの見方が多い。

 

 英Environmental Finance(EF)が12月17日時点でまとめた。ESG債全体の発行額は9550億㌦で、ほぼ1兆㌦。EFでは最終的に年末までの追加発行を加えて1兆㌦に達するとみている。

 

 今年年初の主要機関による、2021年年間……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム