HOME |自主的カーボンクレジット(VCM)の国際共通基準化を目指す「コア・カーボン原則(CCPs)」原案公開。追加性、永続性、ダブルカウント禁止等の10項目(RIEF) |
IC001キャプチャ

 パリ協定の目標達成に向けた各国、各企業の取り組みを支援するために自主的なカーボン・クレジット市場の軸になる「Core Carbon Principles(CCPs)」原案が公開された。パリ協定の目標達成に向けた各国、各企業の取り組みを支援するためにカーボン・クレジットの活用を推進する「Taskforce on Scaling Voluntary Carbon Markets(TSVCM)」の活動を受けて作業を進めてきた民間団体が仕上げた。CCPs案は、追加性、永続性、ダブルカウントの禁止など10項目と、クレジットのCCPs適合を評価するためのアセスメントフレームワークから成る。

 

 CCPs原案を公開したのは、民間団体「Integrity Council for the Voluntary Carbon Ma……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム