HOME |昨年中の世界の風力発電新規導入量、過去最高を記録。総発電量は原発を上回る。中国がほぼ半数(RIEF) |
winddenmarkキャプチャ

 

 世界の風力発電は昨年15年中に過去最大の6301万kW分が新設され、同年末の総発電能力は前年比17%増の4億3242万kWに達した。発電量は初めて原子力を上回った。業界団体の「世界風力エネルギー会議」(GWEC、本部ベルギー)が発表した。

 

 15年中の新設風力発電は原発に換算すると約60基分に相当する。特に中国は新設分のほぼ半分の3050万kWという桁違いの導入量を記録した。世界全体の新規風力発電増加量は、前年より22%増えた。

 

 中国だけではない。米国の新設量は860万kW、ドイツを中心とする欧州は600万kWを追加した。新規の洋上発電は339万kWで、洋上風力の累積量は1210万kWとなった。風力発電の伸びがグローバルに拡大している……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム