HOME |格付け投資情報センター(R&I) ゴールドマンサックス組成の岡山・岐阜両県での太陽光発電事業対象の「グリーン・プロジェクトボンド」に格付け『Aフラット』を付与(RIEF) |
GS3キャプチャ

 

 格付け投資情報センター(R&I)は、ゴールドマンサックス証券が組成した岡山県と岐阜県の太陽光発電事業を裏づけとしたプロジェクトボンドに、それぞれシングルAフラットの格付けを付けた。

 

 格付けは信託受益権と、ABL(動産・売掛金担保融資)の形をとる。付与されたのは、日本アジアグループのJAG国際エネジー社が事業者となって岡山県玉野市と、岐阜県多治見市でプロジェクトファイナンス方式で開発をする太陽光発電事業。合計約67億円。同ボンドについては昨年夏に予備格付けを付けていた。http://rief-jp.org/ct4/52893

 

 これをを受け、受託者の新生銀行が、格付けつきのボンド発行と信託借り入れで投資家から資金を調達し、JAG国際エナジーが設立する……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム