HOME |英非営利団体Climate Bonds Initiative(CBI)2018年のグリーンボンド市場の3つの要因を展望。グリーンボンド国債、ガイドラインの調和化、追加的政策支援(RIEF) |
CBI1キャプチャ

 

   英非営利団体のClimate Bonds Initiative(CBI)は2018年のグリーンボンド市場で期待される3つの動きを展望した。①グリーンボンド国債発行の拡大②各国金融当局によるグリーンボンド・ガイドラインの調和③市場拡大のため追加的な政策支援――である。

 

 まず第一のグリーンボンド国債は、これまですでにポーランド、フランス、フィジー、ナイジェリアの各国で発行されている。これらの先行国に続いて、CBIが把握している国だけで、スウェーデン、ベルギー、モロッコ、インドネシア、香港、アルゼンチン、ケニアなどの名が挙がっている。

 

 このうち、スウェーデンは1月初めに、財務省の委託でグリーンボンド調査委員会が、グリーンボンド国債の発行を最優先課題に掲げて……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム