HOME |EUのサステナブルファイナンス行動計画、低炭素ベンチマーク(インデックス)の法制化で、欧州議会と閣僚理事会が初めて合意(RIEF) |
EU1キャプチャ

 

  EUの欧州議会と閣僚理事会は、サステナブルファイナンス行動計画に基づく低炭素ベンチマークの創設で基本合意した。ベンチマークは、低炭素経済社会への移行リスクを評価するものと、パリ協定に沿った投資ポートフォリオの構築に特化したものの2種類。後者については、産業革命以来の気温上昇を1.5℃に抑えることと連動する。

 

 (写真は、仏・ストラスブールの欧州議会)

 

 サステナブルファイナンス行動計画が提案する各種施策の中で、法制化に向けた政治的な合意が得られたのは今回が初めて。合意によると、ベンチマークとなるグリーンインデックスは、すべての一般的な投資商品(メインストリーム)とサステナビリティ投資商品の両方につ……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム