HOME |「木質バイオマス発電の『排出ゼロ』はウソ」。欧米の環境活動家らが、EUの再エネ指令から同発電の除外を求め欧州司法裁判所に提訴。バイオマス発電の「実態」を司法が裁けるか(RIEF) |
pellet3キャプチャ

 

  「木質バイオマス発電によるCO2削減はウソ」ーーとして、EUの再エネ政策の停止を求める訴訟が、4日、欧州裁判所に提訴された。提訴したのは、米国を含む欧米6カ国の個人6人。 バイオマス発電については、植物が成長過程でCO2を吸収することを前提に、燃焼させてもCO2排出量はゼロとして、再エネ発電扱いになっている。しかし原告団は、生態系の破壊と森林のCO2吸収力を低下させるとして、政策変更を求めている。

 

 

 (写真は、バイオ燃料”製造”のため、皆伐された森林:欧州で)

 

 原告は、米国を含め、フランス、アイルランド、エストニア、ルーマニア、スロバキアの6カ国の個人。米国ではバイオマス燃……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム