HOME |米ニューヨーク市、エンパイヤステートビルなど市内の超高層ビルのCO2排出量上限(キャップ)規制法、導入へ。新築だけでなく既築ビルも省エネ規制、未達の場合はクレジット購入(RIEF) |
NY1キャプチャ

 

 米ニューヨーク市が、エンパイアステートビルなどの既存のビルを含む市内の大規模ビル全体に、CO2排出量の上限を設ける新規制を導入することが確実になった。市議会で新規制法が成立、ビル・デラシオ市長も署名を支持している。ニューヨークのビルCO2規制強化策の導入で、他の都市でも「ビルのグリーン化」対策の広がりが期待される。

 

 市議会で成立した 「Climate Mobilization Act」によると、大規模ビルからのCO2排出量を全体で、2030年までに基準年(2005年)より40%削減、2050年に80%削減とする目標を立て、各ビルに排出上限を定めるキャップを課す。40%削減は現状比26%の削減となる。

 

 同市のCO2排出量の3分の2は建物か……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム