HOME |EUのグリーン事業タクソノミー、現行のグリーンボンドの17%しか適合せず。MSCIが現行のグリーンボンド原則に基づくボンド組み込み指数の銘柄を比較検証(RIEF) |
MSCI2キャプチャ

 

   グリーンボンドの国際規格化の尺度として、EUの欧州委員会が先にグリーン事業のタクソノミー(事業分類)を公表したが、現在の市場ベースのグリーンボンドの17%しか、EU基準に適合しないことがわかった。現行のグリーンボンド原則(GBP)に適合するグリーンボンドを組み込んだインデックスと比較して判明した。

 

 比較評価を行ったのは、米評価会社のMSCI。自らが公表するBloomberg Barclays MSCI Green Bond Indexの対象に組み込んでいるGBPなどの評価付きボンド、あるいは、評価なしボンドが、EUタクソノミーおよびEUのグリーンボンド基準のEU Green Bond Standard(EU GBS)等にどう適合するかを検証した。

[caption ……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム