HOME13 原発 |EU欧州理事会、サステナブルファイナンスのTaxonomyから原発除外の原案修正。温暖化対策の面を最優先、ドイツ等の反対を押し切る。欧州議会との調整が焦点に(RIEF) |
nuke11キャプチャ

 

 EUの欧州理事会は、現在進めているサステナブルファイナンスの対象事業を網羅するTaxonomyから、原発事業を除外した原案を修正し、原発事業を対象とすることを多数決で決めた。同決定には、原発廃止を決めているドイツや反原発のオーストリアなどが反対した。欧州議会も反対の立場だけに、今後のTaxonomy確定での論点になりそうだ。

 

 欧州理事会は先週25日、サステナブルファイナンスの規則案について合意した。規則案の合意とともに、同規則が対象とするグリーン&サステナブル事業のTaxonomy案に盛り込まれていた原発の除外について議論した。ドイツ、オーストリア、ルクセンブルグは原案を支持したが、その他のEU加盟国は現状維持を主張、多数決の結果、欧州理事会としては、原発を除外しない方針となった。http://rief-jp.org/ct8/94351?ctid=71

 

 ドイツのエネルギー大臣のAndreas Feicht氏は、「原子力エネル……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム