HOME |英金融行動監視機構(FCA)、来年初めに、TCFD提言に沿った気候情報開示案を公表へ。Comply & Explain方式で、個人投資家向けグリーンウォッシング対応も盛り込む方向(RIEF) |
FCA1キャプチャ

 

   英国の金融監督当局の「Financial Conduct Authority (FCA):金融行動監視機構」は、来年初めにも金融機関に対して、TCFD提言に沿った気候関連リスクの情報開示を促すコンサルテーションペーパーを発出することを明らかにした。FCAは特定の金融商品を発行する金融機関等に対して、Comply & Explain方式で気候リスクと機会の開示を求めることになる見通し。

 

 FCAは昨年8月に、気候変動とグリーンファイナンスに関するDiscussion Paperを公開、金融機関等からパブリックコメントを集めた。こうした市場の反応を踏まえて、TCFD提言に沿った気候変動関連の財務リスク・オポチュニティ情報の開示案を来年初めに示す「Feedback Stateme……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム