HOME |世界銀行、途上国でのメタン削減事業からの排出削減クレジットを売却する4回目の「PAF」入札実施へ。プットオプションを利用し、クレジット取引を促進(RIEF) |
PAF1キャプチャ

 

  世界銀行は、途上国での温室効果ガス削減プロジェクトへの投資を促進するために開発した「Pilot Auction Facility (PAF) 」 の4回目の入札を実施した。今回は、埋め立て地等から排出されるメタンの排出権クレジットを売却するもので、売却想定額は最低600万㌦としている。

 

 PAFは金融デリバティブ取引のプットオプションを利用して、クレジットの最低価格を設定する仕組み。2013年のG8サミット(当時)に報告されたメタン金融研究グループの報告を元に、米、独、スウェーデン、スイスの4か国が1億㌦の拠出を約束して、世銀と開発を進めてきた。

 

 これまでに3度の入札を実施してい……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム