HOME |EU内で、電気自動車(EV)用チャージングポイントを、2024年までに100万件、2029年に300万件設置。EUの自動車業界団体と環境NGO、消費者団体が、欧州委員会に共同要請(RIEF) |
EV001キャプチャ

 

  EUの自動車工業会(ACEA)と自動車関連の環境NGOのTransport&Environment(T&E)、そして欧州消費者機関(BEUC)の3者が連携して、欧州委員会に対し、電気自動車(EV)の公共電気チャージングポイントの設置を、2024年までに域内全域で100万カ所とし、2029年にはさらに3倍の300万カ所とすることを求める共同書簡を提出した。自動車業界団体とNGO、消費者団体の「共闘」は珍しい。

 

 (写真は、EVへの電力チャージの様子。求められる「共通チャージングポイント」)

 

 要請には水素エネルギーによる燃料電池車(FCV)用の水素ステーションの増設も求めている。だが、水素ス……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム