HOME |中国、「2060年カーボンニュートラル」達成に向け、統一した気候変動対策を展開する「気候リーダーズグループ」立ち上げ。炭素集約型産業・企業の移行ファイナンスもテーマに(RIEF) |
China001キャプチャ

 

 中国は2060年のカーボンニュートラルを実現するための気候変動対策を中国全体で取り組むため、関係省庁や代表機関のトップクラスで構成する「気候リーダーズグループ(CLG)」を発足させた。第一副首相の韓正(Han Zheng)が議長を務め、このほど第一回会合を開いた。習近平国家主席が提唱する2030年の温室効果ガス排出量のピークアウト、60年のカーボンニュートラル達成のための政策立案と実践、普及のロードマップを示すとみられる。

 

 中国の現地報道等によると、設立されたCLGの第一回会合には約60人の各省庁、機構等の代表が集まった。主な参加者は、外相の王毅(Wang Yi)、財務相の劉昆(Liu Kun)、科学技術相の王志剛(Wang Zhigang)、生態・環境相の黄 潤秋(Huang Ru……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム