HOME |香港金融当局、香港市場をグリーン&サステナブルファイナンスの国際金融センターへ。義務的気候情報開示や、中国市場と連携した国際的カーボン取引市場の創設等を宣言(RIEF) |
HKMCキャプチャ

 

 香港金融当局は官民連携で、香港市場をグリーン&サステナブルファイナンスの国際金融センターとするため、義務的な気候関連情報開示制度の導入、中国のカーボン排出権取引市場と連動した国際カーボン市場の設立、グリーン&サステナブルファイナンスセンター設立等を打ち上げた。サステナブルファイナンスのアジアの国際金融センタ―競争では、シンガポールが先行するが、香港は中国市場との連携を軸に対抗する考えのようだ。

 

 グリーン&サステナブルファイナンスの戦略案は、香港の中央銀行に相当する香港金融管理局(HKMA)と香港証券先物委員会(SFC)が、昨年5月に香港の官民市場関係者と立ち上げた「The Green and Sustainable Finance Cross-Agency Steering Grou……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム