HOME5. 政策関連 |EU欧州委員会、グリーンボンドフレームワークの資金使途先から、天然ガスと原発を除外。タクソノミー議論での未決着を配慮。両事業へのファイナスを「グリーン」から切り分け(RIEF) |
Gasprojectキャプチャ

 

  EU欧州委員会は先に、コロナ禍からの回復パッケージであるNextGenerationEU(NGEU)の資金調達となるEUグリーンボンドフレームワークを公表したが、調達資金の対象から、天然ガスと原子力発電所が除外されたことがわかった。NGEUグリーンボンドは今後6年の間、総額500億ユーロ(約32兆5000億円)のEUグリーンボンドを発行する計画だが、タクソノミーを巡る議論で、ガスと原発の扱いが政治課題となっているため、除外したとみられる。

 

 (写真は、EUでも焦点となっている天然ガス火力発電所)

 

 NGEUは、コロナ禍で経済的打撃を受けたEU加盟国を支援する経済回復パッケージの基金。2020年7月に成立後……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム