HOME |韓国、独自のグリーンタクソノミー「Kタクソノミー」を公表。「韓国グリーンニューディール政策」達成に向け、グリーン経済活動を6分野に分類。原発は除外、天然ガスは対象に(RIEF) |
Moonキャプチャ

 

  韓国の環境省はグリーン経済活動の基準となるガイドブックとなる「K-タクソノミー」を公表した。EUが現在進めているサステナブルファイナンスのタクソノミーと同様、政府による環境フレンドリーな事業活動の認証に活用する。EUで議論になっている原発については除外する一方で、天然ガス(LNG)は対象としている。

 

 (写真は、韓国慶尚北道慶州市の月城原子力発電所)

 

 公表されたのは「Korean Sustainable Finance Taxonomy (K-taxonomy)」。同基準では対象となるグリーン経済活動を6分野に分けて選定している。①温室効果ガス(GHG)排出量の削減②気候変動の適応③持続可能な水資源の保……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム