HOME |スペインもサステナブルファイナンスのタクソノミー案から、原発・天然ガス除外を要求。「両事業を含めることは、金融市場に間違ったシグナルを送る」と(RIEF) |
Leberaspainキャプチャ

   EU欧州委員会がサステナブルファイナンスのタクソノミーに原発と天然ガスを含める委任法(DA)案を公表したことに対して、ドイツ等が反対しているが、スペインも新たに反対を表明した。同国の副首相で環境移行・人口統計担当相のテレサ・リベラ(Teresa Ribera)氏は「原発と天然ガスはともにEUのタクソノミー規則(TR)でのサステナブル技術とは考えられない」と指摘。原発だけでなく、天然ガスの盛り込みも否定した。原発反対を公式に表明したEU加盟国は6カ国目となる。

 リベラ氏は「原発と天然ガスをタクソノミーに含めることは、金融市場に間違ったシグ……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム