HOME |EU欧州議会、カーボン国境調整メカニズム(CBAM)で修正案。対象業種を現行案の5業種から8業種に拡大案と、実施時期の前倒し等。EU域内産業界との調整がカギに(RIEF) |
EP0011キャプチャ

 

 EUが導入を目指すカーボン国境調整メカニズム(CBAM)の法制化作業を進める欧州議会で、欧州委員会の作成した法制化案の大幅修正案が提案された。法案を審議している環境公衆健康食品安全委員会(ENVI)で報告者が提案した。欧州委案よりも導入時期を早め、対象事業を原案の5事業から8事業に拡大する等を盛り込んでいる。ENVIでは同案を軸に原案を修正し、各国で構成する欧州理事会と調整する方向だ。

 

 修正提案をしたのは、オランダ選出の左派系の社会主義・民主主義(S&D)グループに属するモハメド・シャヒム(Mohammed Chahim)氏。ENVIのレポーターとして案をまとめた。

 

[caption id="attachment_121551" a……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム