HOME |ロシアとドイツを結ぶ天然ガスパイプライン・ノルドストリーム2の事業会社が経営破綻。ロシア軍のウクライナ侵攻で事業稼働のめど立たず(RIEF) |
Nortdstream001キャプチャ

 

 ロシアのウクライナ侵攻の影響で経済制裁の対象となっていたロシアとドイツをつなぐ天然ガスパイプラインのノルドストリーム2の事業会社が経営破綻した。同パイプラインは米国の反対等で建設が遅れていたが、昨年9月に一応、工事は完工した。しかし、稼働を前にしてEU内での調整が長引いている間に、ロシアのウクライナ侵攻で稼働のめどが立たなくなっていた。

 

 経営が行き詰まったのは、ガスプロム傘下でスイスを拠点とする「Nord Stream 2 AG」。同社はガスプロム(PJSC Gazprom)の国際プロジェクトを担当するGazprom international projects LLCと、ドイツのエネルギー企業のWintershall Dea AG、同じくドイツ電力会社のE.ON傘下のPEG……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム