HOME |米運輸省、2026年の自動車「企業平均燃費基準(CAFE)」を約3割強化。1ガロン当たり49㍄(1㍑・約21km)。温室効果ガス排出量も大幅削減、電気自動車(EV)シフト加速へ(RIEF) |
OUT001キャプチャ

 

 米運輸省は1日、自動車の新たな燃費規制基準を公表した。バイデン政権の大統領令に基づくもので、自動車メーカーごとに販売する全車の平均燃費を規制する「CAFE規制」を改正し、「26年型モデル」の乗用車と多目的スポーツ車(SUV)などを対象に、1ガロン当たり49㍄(mpg:ガソリン1㍑当たり約21㎞)とする。現行(21年型モデル)に比べると約3割超の改善となる。燃費規制の強化で、ガソリン車から電気自動車(EV)シフトを促進するのが狙いだ。

 

 同省の道路交通安全局(NHTSA)が発表した。CAFE(Corporate Average Fuel Economy)規制では、2012年にオバマ政権が2025年の燃費を46.7mpgとする規制(2012年規制)を策定したが、トランプ政権が2020年3月……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム