HOME10.電力・エネルギー |英Climate Bonds Initiative。天然ガスをタクソノミーに含める欧州委案に反対。ロシアのウクライナ侵攻の教訓は「ガス依存の脱却」。化石燃料から再エネへの「カエル跳び」を提唱(RIEF) |
CBI002スクリーンショット 2022-05-25 174457

 

  英非営利団体のClimate Bonds Initiative(CBI)は24日、EUのタクソノミー制定で最終調整が残る天然ガスの扱いで「天然ガスへの投資はパリ協定の目標達成を阻害する」として、欧州委員会のタクソノミー案を協議する欧州議会に対して、欧州委の提案を拒否するよう要請する政策文書を公表した。天然ガスの扱いはロシアのウクライナ侵攻で、ロシアからの輸入ガスの代替源の確保がEUで焦点化しているが、CBIは「エネルギー安全保障の観点からも、ガス依存からの脱却が以前にも増して重要になっている」と強調している。

 

 CBIが公表したのは「Accelerating the Fossil Gas Transition to Net Zero(ネットゼロに向け、化石ガスからの移行の加速について……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム