HOME |「サステナブルファイナンス国際プラットフォーム(IPSF)」、国際的な「共通基盤のタクソノミー(CGT)」第一弾を公表。気候緩和分野に限定。72の事業活動を対象(RIEF) |
CGT003スクリーンショット 2022-06-21 171912

 

 EUが主導する「サステナブルファイナンス国際プラットフォーム(IPSF)」は、EUと中国のタクソノミーをベースとした気候変動緩和分野での共通基盤タクソノミー「Common Ground Taxonomy(CGT)」を公表した。CGTの対象は、国際標準産業分類(ISIC)から抽出、EUと中国の既存タクソノミーで共通する72分野の気候緩和活動を分類した。さらに、それらが両タクソノミーのいずれかに適合している状況に応じて、6つのシナリオに分けている。

 

 公表したのは「CGT-気候変動緩和:Instruction Report」と題した報告書。昨年11月にIPSFのワーキンググループが報告書案を公表、コンサルテーションを経て今回とりまとめた。https://rief-jp.org/ct4/11……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム