HOME10.電力・エネルギー |EUタクソノミーへのガス・原発の盛り込みの是非を判断する欧州議会本会議の採決は6日。「戦後」を睨んだウクライナの国内対応も割れる。ロシアのガスプロム等もロビー活動(RIEF) |
CDA002キャプチャ

  EUのサステナブルファイナンス・タクソノミーに天然ガスと原子力発電所を盛り込むかをめぐる攻防が、6日の欧州議会本会議での採決を前に激化している。ガスを盛り込むと、ウクライナに侵攻しているロシアを利するとの批判が、ウクライナの環境団体や一部の政治家から上がる一方で、同国政府は「戦後」のロシアからのガス供給の復活を先取りして賛成の立場を打ち出した。欧州議会には、経済制裁対象になっているはずのロシアのエネルギー企業のロビー活……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム