HOME10.電力・エネルギー |欧州議会・産業委員会(ITRE)、2030年の再エネ比率目標を現在の倍以上の45%に引き上げで可決。省エネ目標も40%に。ロシアへのエネルギ―依存減目指し、再エネ・省エネを加速(RIEF) |
EPITREキャプチャ

 

 EU欧州議会の産業・研究・エネルギー委員会(ITRE)は13日、2030年のEUのエネルギーに占める再生可能エネルギー比率を、現行の「Fit for 55」政策の目標(32%)より4割増の45%に引き上げるとともに、最終エネルギー消費率(省エネ)の効率化を30年までに40%とする案を賛成多数で可決した。ロシアのウクライナ侵攻によるエネルギー市場の逼迫を受け、再エネ転換と省エネ促進を加速させる考えだ。

 

 本会議での採決は夏休みをはさんで、9月12~15日に予定される。

 

 ITREはEUの再生可能エネルギー指令(REDⅡ)とエネルギー効率化(省エネ)指令(EED)の両改正案を審議した。両案は欧州委が、ロシアのウクライナ侵攻を受けてEUのエネルギ……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム