HOME11.CSR |経済産業省、日本企業のサプライチェーンでの人権尊重ガイドライン案公表。人権対応は「経営者の最終責任」と認定。法的拘束力・罰則なし。国内の技術実習生制度は温存前提(RIEF) |
BBC001キャプチャ

 

 経済産業省は5日、企業のサプライチェーンでの人権尊重のためのガイドライン案をまとめた。国際的にビジネスと人権のあり方が問われていることを受け、日本としての方針を示す形だ。企業は自らのサプライチェーンで人権侵害のリスクが特定された場合は「経営陣の最終責任」で防止・軽減に取り組む必要があると明記した。人権侵害を特定するため、調査、評価、開示のプロセスを示した。ただ、同ガイドラインには法的拘束力はなく、罰則もない。有効性に早くも懸念が示されている。

 

 (写真は、中国・新疆ウイルグ自治区のウイルグ人強制収容所=BBCのサイトから)

 

 日本経済新聞等の報道によると、同省は同日開いた省庁横断の「ビジネスと人権に関する関……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム