HOME9.中国&アジア |シンガポール初のグリーン国債は、グリーン国債として過去最長の期間50年の超長期債。発行額も当初計画の2割増の24億シンガポール㌦に。個人向けも販売(RIEF) |
MAS001キャプチャ

 

  シンガポールの通貨管理局(MAS)は4日、同国初のグリーン国債の発行条件を正式に決定した。発行額は当初、公表していた15億シンガポール㌦から引き上げて24億シンガポール㌦(約2330億円)とし、ボンドの償還期限は50年に設定した。償還期間50年に達する政府発行のグリーン国債は世界でも初めて。ボンドの資金使途はネットゼロに資するグリーンインフラの建設資金等に充当するため「Green SGS (Infra)」と呼ばれる。

 

 発行総額24億シンガポール㌦の利回りは年3.04%。このうち、大半の23億5000万シンガポール㌦は機関投資家向けに販売するが、残りの5000万㌦分は個人投資家向けに販売する。個人向けの最小販売単位は10単位(100シンガポール㌦=約1万円)から。https:……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム