HOME6. 外国金融機関 |ドイツでESG格付の妥当性を巡る裁判が今週末に判決へ。格付会社の情報開示要求の適切性が問われる。日本のESG勝手格付や勝手ランキングの横行への警鐘にも(RIEF) |
ISRAキャプチャ

 ESG評価会社によるESG格付の妥当性が、法廷で裁かれる。ドイツの技術会社ISRA Visionが評価会社のISS ESGによるサステナビリティ格付レポートの公表差し止めを請求した訴訟の判決が、今週末にドイツのミュンヘン裁判所で下される予定という。事前の観測では、差し止めが認められるとの見方が広がっている。

 欧州での報道によると、訴訟の発端は、数年前にミュンヘン拠点のESG評価会社のoekom research AGが、ISRA社のESG評価を大幅に格下げしたことで生じた。ISRA社はマシンビジョンや産業用画像処理分野のソリューシ……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム