HOME |ドイツ銀行、サステナブルファイナンスの専門チームを新規立ち上げ。リーダーにはSustainalyticsのESG債の前責任者を抜擢。サステナブルファイナンスを本格的に推進へ(RIEF) |
Deutscheキャプチャ

 

  ドイツ銀行(Deutsche Bank)はサステナブルファイナンスの専門チームを立ち上げた。チームのリーダーにはグリーンボンドのセカンド・オピニオン等の業務で実績のあるSustainalyticsからESG債評価部門の前責任者を採用した。ドイツ銀行がサステナブルファイナンスに本腰を入れるのは、法人、機関投資家等のグローバルな顧客から、ESG課題への需要が増大していることに対応するものとしている。

 

 新たなサステナブルファイナンスチームは、同行の資本市場部門の中の、キャピタルソリューション&サステナブルファイナンシンググループの中に設けられた。設立の趣旨は「グローバル顧客に対して、ESGプロダクトや関連規制のガイダンス、さらに同分野に関する投資家の動きを提供できるかどうかが、(ライバル……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム