HOME |米証券取引委員会(SEC)の投資家諮問委員会(IAC)、SECに対しESG情報開示の基準制定を提言。民間ベースの評価では比較困難。EU基準が国際化すると米企業に不利と警告(RIEF) |
SEC011キャプチャ

 

  米証券取引委員会(SEC)の投資家諮問委員会(Investor Advisory Committee : IAC)は、SECに対してESG情報開示を推進するよう提言した。市場には多数のESGデータ供給機関が乱立、投資家は相互比較が困難な状況にあることを指摘。開示ルール化の遅れは、米国企業が国際市場で資本調達するうえで大きな不利益を被ることにつながるとした。「他の地域が今後数年のうちに義務的基準を導入し、米国企業もその影響を受けることになる」と、EUなどの動きを念頭に警告を発している。

 

 IACはドッド・フランク法911条に基づく、投資家や研究者らで構成するSECのアドバイザリー機関。現在、前カリフォルニア州教職員退職年金基金(CalSTR)のAnne Sheehan氏を議長に市場関係……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム