HOME |世界銀行、途上国の国内向けグリーンタクソノミー整備のための「ガイド」作成。途上国の国内的優先度と国際的な整合性のバランス目指す。13ステップのガイドラインも提示(RIEF) |
WB003キャプチャ

 

  世界銀行は途上国の金融監督当局向けに、金融システムをグリーン化するために開発するグリーンタクソノミー構築の「ガイド」を公表した。グリーンタクソノミーはEUがサステナブルファイナンス行動計画でグリーン事業の特定のために開発しているが、途上国でも各国の金融システムをグリーン化する手段の一つとして関心が高まっている。モデル案として、諮問委員会や専門家会合等を構築し、戦略的な目的を設定するなど、13ステップのアプローチを示した。

 

 ガイドは「Developing a National Green Taxonomy」と題した報告書。ガイドの作成はマレーシアの中央銀行の国立マレーシア銀行(Bank Negara Malaysia)の要請による。途上国が直面する気候変動や環境課題等に対して、当該国……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム