HOME |国際資本市場協会(ICMA)、EUグリーンボンド基準(GBS)に対し、タクソノミー準拠の「DNSH」原則や社会基準の見直し要請。中小企業向けや非EU市場等で別扱いを(RIEF) |
ICMA001キャプチャ

 

 市場ベースの基準であるグリーンボンド原則(GBP)等を管理する国際資本市場協会(ICMA)は、EUが準備を進める「EUグリーンボンド基準(GBS)」について、現行案だと、条件が厳しく、中小企業やリテール分野のグリーンファイナンスの成長につながらない可能性あると指摘した。ICMAは、GBSが根拠とするタクソノミー・フレームワークに盛り込まれた、他の環境分野に影響を及ぼさない「Do No Significant Harm(DNSH)」原則や、社会分野でのセーフガード条項等の弾力化を求めるもので、EUとICMAの調整が急浮上してきた。

 

 GBSは、来年末に完了する予定の欧州委員会のタクソノミー整備に基づいて、EU域内で発行するグリーンボンドに適用される方向で整備が進められている。今回、欧州委……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム