HOME |議決権行使最大手ISS、「議決権ガイドライン」改定で、気候変動等の環境・社会的課題のリスク管理不備を「ガバナンスの失敗」と明記。炭素集約型企業の経営人事に反対投票勧告へ(RIEF) |
ISS006キャプチャ

 議決権行使助言の最大手、米Institutional Shareholder Services (ISS)は、同社の「議決権行使ガイドライン」を改定し、行使基準となる経営層の「ガバナンスの失敗」の対象に、気候変動を含む環境・社会課題のリスク対応を加えた。気候変動に影響を与える産業・企業が、その抑制対応を十分にしていないと判断される場合は、経営陣の人事議案に基本的に反対票を投じることになる。

 ISSの改定ガイドラインは、2月1日から適用されている。ISSは毎年、世界中の4万4000……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム