HOME |国際会計基準のIFRS評議会、サステナビリティ会計基準機構(SSB)の準備としてワーキンググループ発足へ。TCFDや既存の自主開示フレームワーク等の収斂(コンバージェンス)進める(RIEF) |
IFRS0011キャプチャ

  国際会計基準を制定するIFRS財団評議会は22日、サステナビリティ情報開示基準の統合を促進するためのワーキンググループ(WG)を設立する公表した。IFRSはサステナビリティ会計基準機構(SSB)の設立を決めており、新たなWGは既存の各種の自主的な開示フレームワーク等の収斂(コンバージェンス)を進め、SSBのための技術的準備に取り組む。SSBに向け、準備は着実に進んでいる。

 

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム