HOME4.市場・運用 |COP26に向け、「ネットゼロのためのグラスゴー金融連合(GFANZ)」設立。4金融業態の「ネットゼロイニシアティブ」を統合。世界160金融機関が参加。日本勢は3機関だけ(RIEF) |

 

 米国主催の気候リーダーズサミットを受け、金融界が業態別にネットゼロを主導するイニシアティブを統合する 「ネットゼロのためのグラスゴー金融連合(Glasgow Financial Alliance for Net-Zero:GFANZ)」が立ち上がった。4金融業態の一つ「ネットゼロ銀行連合(NZBA)」も新たに加わった。GFANZに参加する各金融機関は、2050年までにネットゼロを達成する科学的に適合する中間、長期目標の設定を宣言する。グローバルベースで160の金融機関(保有資産額70兆㌦=7500兆円)が署名したが、日本勢は3機関にとどまり、出遅れ感が目立った。

 

 「ネットゼロ金融イニシアティブ」は国連環境計画金融イニシアティブ(UNEP FI)が推進している。署名金融機関は、50年ま……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム