HOME4.市場・運用 |国際資本市場協会(ICMA)、短期のレポ市場をグリーン&サステナブルファイナンスの流通市場に活用案。「責任ある担保」の確保と「グリーンレポ」の標準化目指してコンサル開始(RIEF) |
Repo001キャプチャ

 

 国際資本市場協会(ICMA)は、金融市場での短期資金の貸し借りの場であるレポ市場を、グリーン&サステナブルファイナンスの流通市場として活用するために、市場意見を集めるコンサルテーションを始めた。グリーンボンド等のESG債の発行市場は拡大を続けているが、金融市場の流動性を担保するレポ市場や担保での「責任ある担保(responsible collateral)」を確保する必要があるとの判断だ。将来の「グリーン・レポ」、「グリーン担保」の標準化を目指す狙いもあるようだ。

 

 ICMAはレポ市場関係者で構成する「European Repo and Collateral Council (ERCC)」の提案として、「Green and sustainable finance: What is th……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム