HOME |IFRS財団、サステナビリティ情報開示の取り組みに合わせて組織改変案を公開。「SSB」は「ISSB」に。財団名も変更か現状維持か(RIEF) |
IFRSキャプチャ

 

  サステナビリティ情報開示の新たな国際的基準作りを目指すIFRS財団評議員会は、サステナビリティ情報開示の組織等を現行のIFRS組織に位置付けるための組織改革のドラフト案を公開した。基本的にはIFRS財団の下に、現行の財務会計基準作りの国際会計基準審議会(IASB)と国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)を並立させる。IFRS組織の大幅な変更はなく、サステナビリティ分野の組織名等の提案が主だ。一種のブランド戦略でもある。

 

 サステナビリティ基準審議会案はこれまで、「SSB(Sustainability  Standards Board)」と呼ばれてきた。しかし、並列するIASB(Internatinal Accounting Standards Board)とのバランスから、SSB……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム