HOME |気候変動による洪水リスク増大。デンマークの今世紀末の不動産融資損失額は最大約3兆5000億円。全不動産融資の7%。金融機関により集中リスクに差。デンマーク中央銀行が推計(RIEF) |
Denmark003キャプチャ

 

 デンマーク中央銀行は現在、同国の金融機関の不動産関連投融資のうち410億デンマーククローネ(約54億ユーロ億円)が洪水リスクにさらされており、今世紀末には約5倍の1980億クローネ(約3兆5500億円)に増大するとの試算を公表した。金融機関の中には、洪水リスクを抱える保有資産の割合が50~80%に達するところがあるなど、気候リスクの偏在化が浮き上がった。

 

 デンマーク(グリーンランド等を除く)はユトランド半島と407の島々で構成され海岸線の長さは8000kmに及ぶ。最高峰でも約170mの小山で、国土のほとんどが平地。したがって暴風雨等が長引くと洪水につながるリスクが大きい。1991年~2017年の間に暴風雨によって40回以上の洪水が発生、気候変動の激化で発生回数は右肩上がりになっている……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム