HOME |スイス再保険、カーボン直接回収貯留ベンチャーClimateworksと、10年間のカーボン吸収の長期契約締結。「カーボン・除去プール」の構築や投資機会の拡大も目指す(RIEF) |
Climatework0021キャプチャ

 

 スイス再保険(Swiss Re)社は25日、大気中のCO2を直接吸収する技術(DAC)を開発しているスイスのベンチャー企業、Climateworks社と提携した。今後10年間で、1000万㌦以上(約11億円)のCO2の直接回収・貯留を実施する長期契約を結んだ。スイス再保険は2030年にネットゼロ実現を目指しており、CO2のDAC技術を目標達成に活用する。 同時に、DAC産業を支援して、「カーボン除去リスク・プール」への早期アクセスを確保する狙いもあるようだ。

 

 (写真は、ClimateWorksが試作しているCO2直接回収・貯留システム)

 

 「2050年ネットゼロ」に向けて、主要な企業は、再エネ投資や省……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム