HOME4.市場・運用 |英Climate Bonds Initiative(CBI)、サステナビリティ・リンク・ボンドやトランジションボンドの「市場の期待とのギャップ」解消で5要件提案。経産省指針は「市場と不整合」(RIEF) |
CBI001キャプチャ

 

  英非営利団体のClimate Bonds Initiative(CBI)は、グリーンボンド等のESG債の発行が増える中で、新たに登場しているサステナビリティ・リンク・ボンドとトランジションボンド等が発行体の思惑と、投資家の期待の間に「ギャップ」があると指摘。発行体企業の野心的目標レベルの明確化に加え、パリ協定の目標との整合性、実行行動など5要件の設定を提案した。グリーントランジションの要件では、ネットゼロと適合する共通のセクターごとの経路に基づくものとし、中間トランジションは2025年までの限定的なものと位置付けている。

 

 CBIは「Transition Finance For Transforming Companies」と題したディスカションペーパーを公開、内外からのパブリックコ……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム