HOME |欧州の大手資産運用マネジャー、「トランジションボンドに未来はない」と断言。サステナビリティ・リンク・ボンド等にも懸念の声。「ラベル乱発」への投資家の懸念を代弁か(RIEF) |
EF0022キャプチャ

 

 日本をはじめ、いくつかの国で、炭素集約型企業によるトランジションボンド等が発行されているが、このほど開いた「気候トランジション・ネットゼロファイナンス」をテーマとしたセミナーで、「トランジションボンドに未来はない」との厳しい指摘が出た。「『トランジション』のラベルは、グリーンのラベルを付けられない炭素集約型の発行体を助けるためのもの」との懸念も示された。

 

 セミナーは15日に英ロンドンでオンラインで開いた「Climate Transition and Net Zero Finance」。「トランジション戦略への投資」と題したパネルで、オランダのNN Investment Partners (NN IP)グリーンボンド専門家のBram Bos氏は「現在、サステナブル債券市場では多くの新た……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム