HOME4.市場・運用 |スイスの資産運用協会(AMAS)と金融機関等で構成する推進団体の「スイス・サステナブルファイナンス(SSF)」は共同でグリーンウォッシュ排除の最小必要事項を勧告(RIEF) |
Swisssgreenwashキャプチャ

 

 スイスの資産運用協会(AMAS)と金融界で組織するスイス・サステナブルファイナンス(SSF)は共同で、サステナブルファイナンス商品の透明性を確保する最小必要事項に関する勧告をまとめた。ESG投資やサステナブルファイナンスをうたう金融商品はグローバルに増える一方で、グリーンウォッシュの批判もある。AMAS等は、投資家の期待とサステナビリティ目標を盛り込んだ金融商品の実態との乖離を埋めることを目指す。

 

  スイス政府の内閣に相当する連邦評議会(Federal Council)は11月17日に、スイスの金融センターをサステナブルファイナンスのリーディング・グローバルハブと位置付ける宣言を出した。今回の2団体の協働によるサステナブルファイナンス商品に関する「ルールの明確化」は、政府の方針に基づ……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム