HOME5. 政策関連 |総資産50兆㌦超の欧米投資家グループ「IIGCC」、EUタクソノミーへの天然ガス盛り込みに反対表明。「ネットゼロと整合せず」「移行活動でもない」。EU各国等に公開書簡送付(RIEF) |
IIGCC001キャプチャ

 

 EUのサステナブルファイナンスのタクソノミーに天然ガスと原発を含めるかどうかの議論で、総資産額50兆㌦を超す投資家グループの「Institutional Investors Group on Climate Change (IIGCC)」は、天然ガスを含めないことを求める公開書簡をEU関係機関に送付した。欧州委の原案では、2030年までに許可を得た新設ガス火力には270gCO2e/kWh未満の排出を認める内容だが、IIGCCは「2050年ネットゼロ目標と合致しない」と否定した。

 

 公開書簡は、欧州委員会のフォンデアライエン委員長のほか、EU加盟各国、欧州議会の各関係者に送付された。欧州委がまとめた補完的委任法(Complementary Delegated Act : CDA)で、天然……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム