HOME |米ICE、自然資本ベースの自主的カーボンクレジット先物を上場。農業、森林、その他土地利用等からのクレジットの先物を取引。CMEに次ぐ。グローバルなクレジット取引体制整備進む(RIEF) |
ICE001キャプチャ

 

 米Intercontinental Exchange(ICE)は、自然資本ベースの自主的カーボンクレジット先物を上場した。上場したのは「Nature-Based Solutions carbon credit futures contract (NBS future)」。すでに米国では世界最大の金融デリバティブ市場であるシカゴマーカンタイル取引所(CME)が昨年以来、同クレジット先物を上場しており、ICEの追随で自主的カーボンクレジット(VCM)の取引所取引のグローバル化が進行することになる。

 

 取引されるNBS先物は、コード名NBTと呼ばれる。VCMの認証事業者であるVerraの認証を得たVerified Carbon Standard(VCS)の農業、森林、その他の土地利用……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム