HOME |欧州評議会開発銀行(CEB)、ウクライナ難民支援で、ソーシャル・インクルージョン・ボンド(SIB)10億㌦発行。4月に続いて3度目。難民の生活、教育・職業訓練等に充当(RIEF) |
UKraine キャプチャ

 

 欧州評議会開発銀行(Council of Europe Development Bank : CEB)は16日、ロシアの侵攻で欧州各国に避難し難民化しているウクライナ住民を支援するための「社会包摂ボンド(ソーシャル・インクルージョン・ボンド : SIB)」を10億㌦分、発行する。CEBがウクライナ支援でSIBを発行するのは、4月にユーロ建てとドル建てでSIBを発行したことに次ぎ3度目。調達資金は低所得の難民向けの社会的住宅の建設や、避難地での教育、職業訓練、健康・社会的ケア等に充当される。

 

 (写真は、ウクライナから避難した人々=CEPAのサイトより)

 

 CEBは、欧州評議会が1956年に、欧州の難民と過人……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム