HOME |ルクセンブルグ証券取引所、中国の国内グリーンボンドへの欧米機関投資家の投資促進を目指し、上海清算所と覚書締結。欧米投資家の投資適格グリーンボンド不足にも対応(RIEF) |
LGXChinaキャプチャ

 

 ルクセンブルグ証券取引所(LuSE)と上海清算所(Shanghai Clearing House)は、中国国内の銀行間債券市場で取引されるグリーンボンドを、海外の機関投資家等が売買しやすくするために協働する覚書を結んだ。

 

 現在、中国の債券市場規模は9兆㌦(約955兆円)あるが、このうち海外の投資家が保有しているのは約2%でしかない。グリーンボンドの発行も2016年以来、急増しているが、国営銀行などの大型案件以外の多くは、国内の投資市場でのみ売買されている。このため価格の安定に課題が指摘される一方で、海外の機関投資家は投資対象となる適格グリーンボンド不足が続いている。

 

 今回の覚書は、中国国外の投資家が中国の国内グリーンボンドを購入し易くす……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム