HOME |国際商品取引へのサステナビリティ基準の適用と、同要因の取り込みを。国際取引所連合(WFE)がサプライチェーン対応で商品デリバティブへの取り組み草案(RIEF) |
WFE11キャプチャ

 

    国際的に広がる商品取引にもサステナビリティ基準を導入すべきとの草案がまとまった。国際取引所連合(WFE:ロンドン)が加盟団体に示した。食糧やエネルギー、原料等と連動する商品取引では取引対象のサプライチェーンでのESG課題等への配慮が高まっていることを反映した取り組みだ。

 

 WFEは世界の200以上の取引所や決済機関等が参加する民間ベースの連合体。日本取引所グループなども加わっている。今回公表した草案は「Sustainability & Commodity Derivatives White Paper」。

 

 WFEは昨年10月、5項目の「サステナブル原則」を公表した。①持続可能性課題の重要性を取引所参加者へ教育普及活動②投資家……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム